備えて安心!大地震の揺れを抑える制震ダンパーの効果がスゴかった

Architect 建築

地震大国日本では、今までも甚大な被害が発生した大地震がありました。

 

今後も想定される大地震の予想地域や規模が、内閣府のHPに掲載されています。↓

地震災害 : 防災情報のページ - 内閣府
保険・共済加入のすすめ

 

そこでこの記事では、木造建築のプロである筆者が、今後起こりうる大地震に備えて低価格で安心を買えるスグレモノを紹介します。

 

よく聞く「免震」・「耐震」と「制震」の違いからわかり易く簡単に解説します。

「免震」 「耐震」 「制震」の違い

「免震」とは?

地震の揺れを「受け流す」と言うとわかりやすいと思います。

 

基礎と、基礎上の構造の間に「免震装置」を設置して、地盤からの揺れを直接基礎より上の構造に伝えないようにする工法です。

 

大地震の時に、住居部分への揺れを一番少なく出来るメリットがあります。

 

免震工法は大きなコストが掛かるため、一般住宅にはまだまだ普及していません。



「耐震」とは?

地震の揺れに「耐える」ことを耐震といいます。

 

構造用合板等で建物を固く固めるイメージです。

 

耐震工法の目的は

 

「大地震時に人が安全に避難できる」

 

ことを目的としています。

 

一度目の大地震で耐震ための合板等が壊れてしまった場合、二度目の大きな地震には耐えられません。

 

繰り返しの大地震に耐えられないデメリットがあります。



「制震」とは?

地震の揺れを「吸収」することを制震と言います。

 

1階部分に取り付ける「制震部材」で揺れを吸収し、上階への大きな揺れを少なくします。

 

☑写真の黄色いダンパーが「制振装置」

 

制震工法も繰り返しの自信に対応できてコストもあまり掛からないメリットがあります。



木造住宅に「制震ダンパー」を奨める理由

ここでは筆者の自宅に取り付けて、設計するお客様にもオススメしている制震ダンパーである、

 

「MER SYSTEM」

 

について解説していきます。

MERの効果/特徴
初期制動から制震効果を発揮し、住宅の個々の固有周期に対応可能。幅広いアプリケーションに対応します。詳しくは他に類をみない新技術。あらゆる角度からの地震エネルギーに対応します。詳しくは制振装置<制震>に採用されている不燃性のオイルは、万が一の火災でも爆発や火災延焼はありません。優れた機能のオリジナル専用取付金...

耐震住宅のデメリット

世の中どちらかと言うと、「耐震」を重視する風潮にあるような気がします。

 

法律で定められる最低限の「耐震」は勿論大切です。

 

長期優良住宅等では「耐震」を重視しています。

 

筆者は地震の多い北海道の地域に住んでいるため。大きな自信を経験していますし、今後も大地震が来ることは覚悟しています。

 

「耐震」字の如く、地震に耐えることを言います。

 

上述したとおり、住んでいる人が安全に「避難」出来るためのものです。

 

ですが、「耐震」の大きなデメリットに、「繰り返しの大地震に弱い」ことがあります。

 

制震ダンパーのメリット

「繰り返し」の地震に対応できる

「耐震」に対して、「制震」は地震の揺れを吸収させることを言います。

 

今まで日本が経験した大地震は、一番大きな揺れが「余震」だったこともあります。

 

筆者が取り扱っている「MER SYSTEM」も制震部材で、繰り返しの大地震に対応できます。

 

一度の大地震に強いことは言うまでもありません。

ローコストで設置できる

☑青いダンパーが制震部材

 

一個の住宅に対して、「MER SYSTEM」を12~14本設置します。

 

これだけの数を設置して、制震ダンパーの価格は取付費も入れて40万円くらいです。

 

耐震等級を高くするための施工費はもっとお金が掛かります。

 

更に、免震工法は倍以上のお金が掛かります。



リフォームでも取り付けができる

リフォームの時に断熱工事のリフォームをする際も取り付けができます。

 

耐震壁を増やすことも良いですが、筆者としては「制震ダンパー」で揺れを吸収する家にする方が、大地震に備えるための費用対効果は大きいと考えています。

 

※冬に大地震が来て、ライフラインが止まって暖房が使えないと生命に危険が及びます。

そんな時、薪ストーブは暖房も出来てお湯も作ることが出来ます。↓

【薪ストーブがあることのメリット】ユーザー歴8年目の建築士が解説
薪ストーブユーザーの建築士が8年使ってわかった薪ストーブのメリットを、プロの目線で12項目で解説。デメリットもある薪ストーブですが、この記事では導入したことで得られるメリットを詳しく解説しています。

 

まとめ

自宅を新築した時に制震ダンパーの「MER SYSTEM」取り付けました。

 

制震ダンパーが設置されている家に住み始めてから、経験した一番大きな地震は「震度4」です。

 

今まで生きてきた中で経験した自信の中では大きな方ではないですが、その時の震度4の揺れを自宅にいて感じたことは、

 

「家が大きく揺れそうな時に、揺れが来ない」

 

1階部分がこれから2階に伝わりそうな大きな揺れを吸収している感じです。

 

その時は「MER SYSTEM」付けて良かったと思いました。

 

自分で経験しているからこそ、お客様にもオススメできています。

コメント