【新築VS中古】新築と比較「中古住宅」のメリットを建築士が解説

Architect 建築

この記事では、「中古住宅のメリット」を建築士である筆者の建築のプロの視点で解説しています。

 

別記事で中古住宅の「デメリット」を書いていますが、中古住宅ならではのメリットもたくさんあるのです。↓

【新築VS中古】建築のプロが伝える失敗しない中古住宅の選び方
この記事では、中古住宅の購入する時の注意点、新築と比較しての中古住宅のデメリットを、実務経験20年以上の建築士である筆者が書いています。新しい住まいを探す時、希望の地域に、外観や内装がきれいな中古住宅を見つけたらすぐに欲しくなり、不動産屋に

 

その中古住宅のメリットを書いていきます。

 

価格のお得感がある

これは中古住宅を購入して、住み始めてから購入前にわからなかった不具合での出費がない場合です。

 

家を新築する時は、土地を新たに購入して、その土地に新しい家を建てます。

 

土地代はその時の相場での価格になりますが、家は新築する場合まともにお金が掛かります。

 

どういうことかというと、中古住宅の場合、築年数によっては土地代だけで家も手に入れることができるのです。

 

日本では家の評価額は年数とともに必ず下がっていく仕組みになっています。

 

今の情勢だと、土地を購入して家を新築して、そのまま売ったらそれ以上高くなることはほぼありません。

 

家に特にこだわりがなく、とりあえず一戸建てに住みたい方で、希望の地域に中古住宅がある場合は、家を新築または新築の建売を買うより、中古住宅を購入したほうがお得になります。

 

中古住宅を購入する際に仲介手数料が無料になると、更にお得に家が購入できます。↓





敷地内の整備にかけるお金が少なくなる

土地を購入して家を新築すると、家の周りの「外構工事」をして敷地内をきれいにしたくなるものです。

 

中古住宅は外構工事もセットに購入できます。

 

※外構工事をDIYすると、節約になります。
DIYにすると90万円以上の節約になる、業者との価格差について解説しています。↓

https://masa-life.net/second-hand-house-demerit/https://masa-life.net/second-hand-house-demerit/

 

 

舗装工事やカーポートが付いていると更にお得感があります。

 

中古住宅を購入する際は、外構工事にお金がかからないことも踏まえて検討すると良いでしょう。

 

住宅ローンの審査のハードルが下がる

住宅ローンの審査で影響が大きいのが、収入です。

 

収入に対して、年間どれだけの比率をローンの返済に当てられるかで、トータルで借り入れできる金額が決まりやすいです。

 

新築と違い、築年数によって土地代だけで家が購入できるため、土地+家の価格が抑えられます。

 

結果的に家を買うための金額が抑えられて、住宅ローンの審査に通りやすくなります。



税金がお得になる

家屋の固定資産税は、築年数に伴い評価額が下がり仕組みになっています。

 

住宅の場合、10年で1/2になると言われており、中古住宅は購入する時点で新築より税金の面でお得になっています。

 

築年数が経っていて、外装・内装・設備機器が新しくなっている中古住宅は、場合によっては評価額がなくなっていて、程度の良い家と税金と家の価格の面でとてもお得に購入できます。

 

ただし、土地の評価額は毎年見直され、地域によっては新築時の評価額より高くなっていることもありえます。

 

家の評価額が上がることはほぼありませんので、中古住宅の購入の場合は、購入時点の土地の評価額を気を付けると税金の面でお得になります。

 

 

コメント