【トイレの選び方】新築リフォームで絶対失敗させない方法を建築士が解説!

Architect 建築

この記事では、建築士である筆者が20年以上の経験をもとに、新築やリフォームでトイレ選びで失敗・後悔しない方法を書いています。

 

色々なメーカーがあり過ぎて、どのメーカーが良いのかわからない。
どのメーカーのトレイが一番良いのか?

 

こんな悩みを持っている方が、その悩みを解決できる内容になっています。



後悔・失敗しないポイント

ポイント① 汚れの付きにくさ、掃除のしやすさが大事

トイレは少しサボると水垢が黒ずみが付きやすい場所です。

 

最終決定する前にショールームに見に行って、掃除がしやすいかどうか確認しましょう。

 

各メーカー便座廻りや水の流れ方で汚れが付きにくい工夫があります。

 

ポイント② そのメーカーにしかない商品・特徴をピックアップする

まずはネットでとことんトイレのことを勉強しましょう。

 

SNSを活用しても良いです。

 

まずは、様々なトイレを検索して、そのメーカーの強み、そのメーカーにしかない商品を洗い出しましょう。

 

トイレは汚れが付きにくい素材だったり、掃除がしやすいのはどのメーカーかを基準に探すと良いでしょう。



ポイント③ ショールームに行く

ポイント②の作業が終わってからメーカーのショールームに行ったほうが効率的に見学できます。

 

気になったメーカーの商品を、ショールームで見ることはとても大切です。

 

トイレをショールームで見学する前にしておくと良いことがあります。

 

収納付きの手洗いカウンターを付ける時は、中に収納するものをピックアップしておくことです。

 

ショールームでは、収納の中の配管の配置を必ず確認しましょう。

 

収納の中に配管がある排水方式ですと、思いの外中にものがしまえないなんてこともあります。

 

ショールームに言った際に注意することもあります。↓

 

ショールームに行った際は上位グレードの商品がどうしてもよく見えてしまうデメリットがあります。

 

ご予算があることなので、上位グレードを見てすぐに決めてしまわないほうが良いです。

 

どうしてもショールームで上位グレードを見ると、実はあまり使わない機能がとても欲しくなってしまうことも。

 

一度ショールームに行っただけでトイレを決めないで、一度帰宅してからじっくり検討しましょう。

ポイント④ 手洗い付きが必要??

タンク付きのトイレでタンクの上に手洗いが付いてるタイプと付いていないタイプがあります。

 

トイレの中に手洗いカウンターがあれば当然必要ありませんが、ない場合は検討事項になってきます。

 

タンクに付いている手洗いは水がはねて壁が濡れてしまうこともあり、更に汚れやすい場所になってしまうデメリットがあります。

 

家の間取り次第では、トイレの近くに洗面化粧台や手洗いができる場所があれば、タンクの手洗いは必要ない場合もあります。

決める際の優先事項を決める

あなたにとっての優先事項は?

トイレを選ぶ際に、各メーカーで特徴があります。

 

節水、汚れが付きにくい陶器、洗剤で汚れを落とす機能、デザイン。

 

まずは、あなたにとって何がトイレを決める際に最優先事項になるのかを検討してみましょう。



建築のプロがオススメするユニットバスメーカーとその商品

一番オススメ!!TOTO

TOTOのトイレ:TOTO
TOTOのトイレの商品情報。4.8L洗浄に加え3.8L洗浄を実現した節水型トイレや温水洗浄便座ウォシュレット、目に見えない汚れをきれいにする「きれい除菌水」など、清潔とエコに配慮。様々なリフォームや新築に対応した商品を揃えております。

 

TOTOといえば「ウォシュレット」です。

 

他にもトイレを選ぶ際にTOTOにしておくと良い点があります。

・きれい除菌水
・ノズルきれい
・セフィオンテクト
・トルネード洗浄
・節水
きれい除菌水はトイレを使い終わると自動的に菌を除菌する「きれい除菌水」を噴霧します。
便器の表面の黒ずみや輪じみを付きにくくしてくれて、掃除が楽になる機能です。
ノズルきれいは、ウォシュレットのノズルを使う度に内側と外側ともに「きれい除菌水」で洗浄・除菌してくれます。
使用していない時も定期的に洗浄してくれますので、ノズルがきれいな状態を長く維持できます。
セフィオンテクトは便器の陶器にガラス層を焼き付けることで、表面を菌すら入り込めないナノレベルに仕上げています。
優れた耐久性と、陶器の輝きを守り続けてくれます。
トルネード洗浄は少ない水で効率的に便器の中を洗浄しながら流します。
汚れが付着しやすい便器の奥に勢いよく水が当たることで、汚れをしっかり洗い流してくれます。
TOTOのトイレの節水も注目するポイントです。
業界最高水準の節水技術で、水道代の節約にもなります。

パナソニック(Panasonic)

トイレ | Panasonic
リフォーム、新築に最適な、パナソニックのトイレ設備・トイレ洗浄便座をご紹介します。
パナソニックのトイレと言えば、「アラウーノ」ですね。
台所洗剤を使用して、便器の中をたっぷりの泡で洗います。
便器の中のたくさんの泡のお陰で、男性が立って用をたした時の飛び跳ね汚れを軽減してくれます。
経験上、洗剤が詰まったとのトラブルもあります。
この点をよく理解してから、決めないと万が一洗剤詰まりのトラブルが起きた際に後悔してしまうかもしれません。
有機ガラス系素材の「スゴピカ素材」もオススメできます。
パナソニックのユニットバスや、洗面化粧台にも使われている技術です。
水アカを防ぎ、汚れが付きにくい素材で掃除がとても楽になります。


LIXIL

LIXIL | トイレ(トイレ収納、温水洗浄便座、便器等)
INAXのトイレ・収納・温水洗浄便座・便器・手洗などのトイレ空間商品の情報ページ。コンパクトサイズのトイレやキャビネット付トイレ、シート型温水洗浄便座、省スペース手洗いカウンターなど先進の機能と高いデザイン性を誇る商品をラインアップ。
水廻り専業メーカーのINAXの商品です。
他メーカーにはないカラーバリエーションがあります。
便器の水アカが汚物がつるっと流れる「アクアセラミック」
便器と陶器の隙間汚れの掃除がしやすい、「お掃除リフトアップ」
TOTOのトイレと比較対象になりやすい思います。
もし比較対象になった場合は、ショールームで商品を実際に見て検討することをオススメします。

タカラスタンダード

ホーロークリーントイレパネル | タカラスタンダード
ホーロークリーントイレパネルはホーロー製なので、マグネットの収納ラックを付けられます。トイレットペーパーもコントローラーもマグネットでペタッと。また、尿ハネなどの汚れも水拭きで落ちるのでお手入れカンタン。リフォーム・新築でキッチンの壁をご検討中の方はこちら→

 

キッチンやユニットバスで有名なタカラスタンダードはトイレのラインナップもあります。

 

特別トイレをオススメできるわけではありませんが、とても優秀な素材の「高品位ホーロー」の「ホーロークリーンパネル」はトイレの壁にとてもオススメです。

 

紙巻器や小物置きをマグネットで取り付けできます。

 

後から必要なもの買ってきて取り付けできるので、無駄な買い物をしなくて済みます。

 

タカラスタンダードの商品は、下記バナーからネット予約が可能です。↓


ショールームで高品位ホーローの良さを見てから商品を決めることをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました