戸建て新築と中古を比較「新築ならではのデメリット」を建築士が解説

Architect 建築

家族が増えたり、こだわりの家がほしいなど、家族の状況が変わって住まいを検討する時に出るのが一戸建て。

 

一戸建てでも新築にしようか中古住宅か迷うことが多いことでしょう。

 

新築にしようと決めた時、理想のマイホームを夢見て展示場を見に行ったりキッチンを見にショールームに行くと思います。

 

夢が大きくなる新築ですが、デメリットもあります。

 

この記事では新築の「デメリット」を建築士である筆者の視点で解説しています。

 

必ず理想の家が出来るとは限らない

夢のマイホームが理想通りにいくとは限らないのが現実です。

 

その原因として、依頼した業者と上手くいかなかったり、自分の希望が上手く伝わらなかったり。

 

また、自分の考え・要望がまとまっていない状態で家を新築すると理想の家が出来ない可能性が高くなります。

 

詳しくは下記ブログで解説しています。

家を新築する時に読んで頂くと、理想のマイホームが近づいてくると思います。

【新築の間取り不満後悔】間取りの不満を解決
この記事では、新築の間取り関する悩みを解決できる記事を紹介しています。 せっかくの家造りですから、満足のいく、完璧な間取りの家造りをしたいものです。 その手助けとなるように心掛けて、建築士である筆者が新築で後悔、...
【新築の間取り】”プランニングのプロ”が後悔失敗させない方法を解説
この記事はこれから住宅の新築を検討中で、これから間取り、いわゆるプランニングを進めていくあなたが、間取りで後悔・失敗しないためにはどうすれば良いかの回答が分かる記事になっています。 筆者自身建築士として、お客様とプランニングの...
【子育て世帯の間取り】後悔・失敗しない間取りの作り方と注意点
この記事は実務歴20年以上の現役の建築士、子育て世帯の住宅の設計の経験をもとに書いてある内容です。 お子様がいるご家庭の場合、今のお子様の年齢に合わせて家の間取りを作ると、お子様が成長するにつれて最適ではない間取りとなる可能性...
【新築間取りの変更】建築士が伝える変更しても良いタイミング
この記事では、建築士である筆者が、新築の間取りの打ち合わせで、このタイミングなら対応できるという変更のタイミング。 そして、打ち合わせを進めていく上で、対応できる変更の内容をお伝えします。 契約前、見積り提出後、...



決めることが多すぎて疲れてしまうかも

新築は家のことであなたが決めることが沢山あります。

 

壁や屋根の色、キッチンの仕様やコンセントの位置。

 

上げればきりがないほど自分で決めないといけないことが多岐に渡ります。

 

まれに決めることが多過ぎて疲れてしまう方もいるくらいです。

 

新築をするということは間取りの検討から完成まで、家のことに多くの時間を使う必要があるのです。

 

すべて業者におまかせする場合や、新築の建売を買う場合を除きますが、家のことに相当時間をとる覚悟で新築を進めたほうが良いでしょう。



中古住宅に比べて住宅ローンのハードルが上がってしまう

中古住宅は土地と建物を一緒に買うことが殆どで、大概建物の年数が経っていることもあり、家の金額は高くならないのが一般的です。

 

築浅物件を購入しても、新築の家の価格と同じにはならないでしょう。

 

また、外構工事も含めて購入できるのが中古住宅のメリットで、土地+建物+外構工事の価格が当然抑えることが出来ます。

 

一方、新築の場合は全てにおいてまともにお金が掛かります。

 

ということは、トータルの金額が高くなるということです。

 

住宅ローンはあなたの年収に対して借り入れできる金額が決まります。

 

自己資金がたくさんある場合は、審査に有利になりますが、それでも支払う金額が大きくなることは変わりません。

 

新築の場合は理想の土地が見つかっただけで決めるわけにはいかず、更に家にどのくらいお金を掛けれるかをよく検討して話を進めていく必要があります。

 

新築ならではの後悔

中古住宅を購入した場合は、購入した家のその状況に合わせて生活をしていくでしょう。

 

新築の場合は、例えばコンセントの数や位置も自分で決めるため、住んでから位置が悪かったり数が少なかったりという後悔が出てくることもあります。

 

間取りも住み始めてからこうすれば良かったというところが出ることも多いです。

 

キッチンなどの設備機器は、最終決定してから新商品が出てしまうこともあります。

油汚れも、ホーローキッチンならカンタンにキレイに

すべて決める必要がある新築ならではの後悔があるのです。

 

上述したように、家に時間を掛けてじっくり検討することと、自分の考え要望をまとめることで後悔することを少なくすることが出来ます。

コメント