【ビジネスデビットカード】経営者、個人事業主こそ使うべき理由

Business

この記事では、経営者である筆者が、会社の運営に当たり、仕入れや雑費の殆どをビジネスデビットカードを使っている経験からの内容になります。

デビットカードは昨今様々な金融機関から発行されてきています。

 

ですがクレジットカードとの違いは世間一般的には知られていないのが現実ではないでしょうか?

 

そこで、ビジネスデビットカードを日常で使ってみて、経営者や個人事業主の方にこそ利用をオススメしたいと思い書いています。



  1. デビットカードとクレジットカードの大きな違い
    1. デビットカードとクレジットカードは何が違うのか?
    2. ビジネスデビットカードの利用範囲は限定的??
    3. ビジネスデビットカードで分割払いは出来るの?
    4. ビジネスデビットカードでアップルペイは利用出来るの??
  2. デビットカードはどうやって作る?
    1. ビジネスデビットカードの申込時に審査はあるのか!?
    2. ビジネスデビットカードの申込みにお金はかかるのか!?
    3. ビジネスデビットカードを申し込んでみたらまさかの結果が・・・
    4. 申込みから審査通過~カード発行までの日数
  3. ビジネスデビットカードを使っている理由
    1. キャッシュバック
    2. 振込手数料が安い
    3. 振込手数料が無料!
    4. 口座の現金管理がしやすい
    5. 無駄な経費を使わなくなる 現金を持っているのと同じ
  4. 1年使ってオススメのビジネスデビットカードはこのカード!
    1. GMOあおぞらネット銀行 VISAビジネスデビットカード
    2. 住信SBIネット銀行 Mastercard ビジネスデビットカード
    3. GMOとSBIのデビットカードを選んだ理由
    4. 楽天銀行ビジネスデビットカードを申し込まなかった理由
  5. まとめ ビジネスデビットカードは利用すべきなのか??
    1. 1年使ってみて、ビジネスデビットカードはとても魅力的
    2. 1年使ってみて、ビジネスデビットカードのデメリットだと思ったこと
      1. 利用のキャンセル時に、口座に払い戻されるまでに時間が掛かる
      2. 口座残高によって使えない決済がある。
      3. 分割払いができない
  6. クレジットカードの方が良いという方は?
    1. クレジット審査なし 新会社でも作れるカードも

デビットカードとクレジットカードの大きな違い

デビットカードとクレジットカードは何が違うのか?

大きな違いは決済時にすぐに口座から利用金額が引き落とされるのか、締日の翌月の指定日に口座から引き落とされるのかの違いです。

デビットカード 利用→即時引き落とし
クレジットカード 利用→締日の翌月に引き落とし
クレジットカードは利用する日によっては翌々月の引き落としになることもあり、支払いの猶予があるのが利点とも言えます。
対してデビットカードは利用すると即時に口座から引き落としになるので、クレジットカードより口座残高の把握が重要になります。

ビジネスデビットカードの利用範囲は限定的??

ビジネスデビットカードにはVISAとうの国際ブランドが付随しているものが多いです。

 

JCBなど国内ブランドが付随しているビジネスデビットカードもあります。

 

経営に必要な雑費や仕入れの決済にはVISA等のクレジットカードが使える店舗であれば、問題なく使用できます。

 

金融機関によってビジネスデビットカードが使えない場所があります。

・ガソリンスタンド
・高速道路
・月々の支払い
筆者が使っている、GMOあおぞらネット銀行のビジネスデビットカードは一定の口座残高があればガソリンスタンドでは利用可能です。
月々の支払いについては、ビジネスデビットカードを作っている銀行の口座引き落としにすることで利用可能になります。


ビジネスデビットカードで分割払いは出来るの?

基本的に決済は1回払いです。

 

お店で利用した時は、クレジットカード決済と同じ扱いになるので回数を聞かれることがあります。

 

ビジネスデビットカードを利用した際は、1回払いが基本です。

ビジネスデビットカードでアップルペイは利用出来るの??

iPhoneを利用していて、アップルペイを利用している経営者や個人事業主の方も多いと思います。

 

私もその一人です。

 

アップルペイでデビットカードを設定することが出来ません。

 

SUICA等にチャージして、アップルペイの決済をSuicaカードに設定することで利用できます。



デビットカードはどうやって作る?

ビジネスデビットカードの申込時に審査はあるのか!?

ビジネスデビットカードを申し込む際は審査が必要になります。

 

クレジットカードの審査との違いは下の通り。

・信用調査会社の審査ではない
・会社登記情報、請求書やHPの内容での審査になっている?
信用調査会社の個人情報の審査はない点は個人でデビットカードを作る時も同様です。
信用情報での審査はありませんが、ビジネスデビットカードを申し込む金融機関によって提出書類が違います。

ビジネスデビットカードの申込みにお金はかかるのか!?

ビジネスデビットカードの申込みにお金はかかりませんが注意することがあります。

 

申込時に3ヶ月以内などの会社の登記簿謄本が必要な金融機関があります。

 

あなたが申し込みをした金融機関で、最新の登記簿謄本が審査時に必要な場合は法務局で印紙代が掛かります。

 

どうしてもその金融機関でないとだめな理由がない限り、お金がかからない金融機関で申し込みをしたほうが良いです。



ビジネスデビットカードを申し込んでみたらまさかの結果が・・・

現在、2社のビジネスデビットカードを利用しています。

 

そのうちの一社は、一度審査に落ちました。

 

筆者画の場合、思いつく審査落ちの原因は次の2つです。↓

・会社のHPがメンテナンス中で、会社案内のチラシのデータだけ提出した。

具体的に何をやっている会社か詳しく説明するためには、チラシだけでは内容が不十分だったかも
・取引先からの請求書 セキュリティー会社の請求書のみを提出したのが原因では!?

請求金額が大きい取引先からの請求書を再提出
提出する金融機関とあなたの事業が何かにもよると思いますが、請求書であれば、複数の項目が記載されている請求書など、内容が充実している書類を提出した方が早く審査に通るかもしれません。

申込みから審査通過~カード発行までの日数

筆者が申し込みをしたネット銀行は、流石にネット銀行だなと思うほど展開が早かったです。

 

・申込みから審査結果まで → 3日

ネットの申込みバナーから、申込画面を入力しながら書類を揃えて、申し込みが完了まで30分くらいでした。
・再審査から審査通過 → 3日

再審査がなければこの3日は無いものと思って良いですね。
・審査通過からカード受け取り → 7日

クレジットカードの発行と同じくらいの日数ですね。
書留で送られてきますので、なるべく早く受け取りたいところです。
順調に審査が通過してカード受け取りまで、約10日前後です。
後述するキャッシュバック等を目当てのあなたは、日数に余裕を見て申込みをすることをオススメします。
更に、ネットバンク以外の金融機関で書類での申込みはさらに日数が掛かる可能性もあるでしょう。


ビジネスデビットカードを使っている理由

キャッシュバック

メインで使っている、「GMOあおぞらネット銀行」は利用金額に対して1%のキャッシュバックがあります。

 

サブの住信SBIネット銀行は0.8%です。

 

ネットでキャッシュバックを広告に宣伝している金融機関は他にもありますが、申込みの際はキャッシュバックが使える条件をよく確認する必要があります。

 

預金残高、外貨預金等の条件が揃わないとキャッシュバックが利用できない金融機関もありますので、注意が必要です。

振込手数料が安い

ネット銀行を利用する理由に、振込手数料が安いことがありますね。

 

取引先への支払い時の振込手数料は安いに越したことはありません。

 

筆者が使っているネット銀行も、業界で安い水準です。

 

余計な経費とも言える「振込手数料」は出来る限り安くしたいですね。



振込手数料が無料!

振り込みをメインで使っている、住信SBIネット銀行は口座開設してから、すぐに簡単な条件で、毎月の振込手数料が0円になる回数があります。

 

まだ、大きい金額を利用していない筆者でも、毎月10回まで振込手数料が無料です。

 

ここも利用する大きな利点ですね。

口座の現金管理がしやすい

事業をやっている方なら口座残高はいつも気になっていると思います。

 

ビジネスデビットカードは利用すると即時に口座から引き落とされます。

 

クレジットカードを利用するときと違い、今その時の口座残高を常に頭に入れておく必要があります。

 

個人差はあるでしょうが、デビットカードを経費の生産に使っていると、クレジットカードのように請求月に使いすぎたなんてことがなくなるのは良いことのように思います。

無駄な経費を使わなくなる 現金を持っているのと同じ

今その時の現金を使うので、デビットカードは現金を持っているのと同じ感覚になります。



1年使ってオススメのビジネスデビットカードはこのカード!

GMOあおぞらネット銀行 VISAビジネスデビットカード

1%のキャッシュバックが受けられます。

 

1円単位までキャッシュバック金額が翌月振り込まれます。

 

筆者は仕入れに結構な金額を使うので、1%のキャッシュバックで電気代等の固定費の代金に充てられています。

 

使ってみて最高にオススメできるビジネスデビットカードです。

住信SBIネット銀行 Mastercard ビジネスデビットカード

何と言っても振込手数料の安さと、所定の条件を達成すると、筆者の場合毎月10回の振込手数料無料が受けられています。

 

振込手数料ほど勿体無い経費はないと思っているので、10回無料になるとかなり嬉しいです。

 

ミライノデビットMastercardは0.8%キャッシュバックも受けられます。

 

ただし、キャッシュバックは申請が必要なのと、一円単位ではない点がGMOあおぞらネット銀行との違いです。

 

 

GMOとSBIのデビットカードを選んだ理由

申込みのしやすさ、申し込みフォームのわかりやすさ。

 

そして、キャッシュバックと振込手数料の安さと無料回数が決めてでした。

 

VISAとMastercardの国際ブランドを持っていると、ほぼどこでも使うことが出来ます。

 

キャッシュバックがポイントではなく現金というのはとてもありがたく、利用価値があると判断しました。



楽天銀行ビジネスデビットカードを申し込まなかった理由

もう一つの候補に楽天ビジネスデビットカードがありました。

 

楽天銀行はビジネスデビットカードの申込みに登記簿謄本が必要であったこと。

 

直近の登記簿謄本が手元になかったため、法務局で印紙代を払って取ってくる必要がありました。

 

まとめ ビジネスデビットカードは利用すべきなのか??

1年使ってみて、ビジネスデビットカードはとても魅力的

ビジネスクレジットカードも特典があなたの利用状況にあっている時はとても利用価値があると言えます。

 

出張の多い方はマイルが貯まるクレジットカードも魅力ですね。

 

筆者の場合、現金管理のしやすさと、クレジットカードより経理が簡単になるのでビジネスデビットカードをメインに使っています。

 

・利用金額が大きいほどキャッシュバックはとても魅力になります。

 

・そして、振込手数料も支払先が多いほど、ネット銀行の振込手数料の安さと、無料特典は経費の節約になります。

 

上記の2つがあなたの事業の運営でメリットになりそうな方はぜひ使ってみることをオススメ致します。



1年使ってみて、ビジネスデビットカードのデメリットだと思ったこと

利用のキャンセル時に、口座に払い戻されるまでに時間が掛かる

クレジットカードのように決済をした時に、その決済をキャンセルしたことがありました。

 

最初の決済時は即時に口座から引き落とされます。

 

ただし、キャンセルになった時に、キャンセルから数日口座にお金が戻るまで時間が掛かりました。

 

キャンセルして手元になにもない状況でお金だけ減っているのがあまり気分の良いものではなかったです。

口座残高によって使えない決済がある。

ガソリンスタンドの決済は毎月の所定の日に、所定の口座残高がないとガソリンスタンドで利用できません。

 

いつも口座残高が沢山ある方にとっては気にすることではないかもしれません。

分割払いができない

ビジネスクレジットカードは分割払いができません。

 

個人的には分割払いは好きではないので、デメリットとは言えないかもしれません。

クレジットカードの方が良いという方は?

ビジネスクレジットカードよりやっぱりクレジットカードの方が良いと言うあなたは、無理してビジネスデビットカードを作る必要はないでしょう。

 

ただし、事業を始めたばかりの方はクレジットカードの審査に通りづらいと言われています。

 

創業当初に事業用のクレジットカードを使いたいというあなたは、国際ブランド付随のビジネスデビットカードがオススメです。

 

または、個人で将来ビジネスで使うクレジットカードを作っておくと良いでしょう。

クレジット審査なし 新会社でも作れるカードも



【期間限定!!新規入会&ご利用で】最大10,000円相当プレゼントを実施中! 【ゼビオカード】











コメント