【仲介手数料が無料!?】支払いたくない手数料を少なくする方法

Architect 建築

土地や建物などを不動産会社の仲介と通して売買する時に発生する「仲介手数料」

 

不動産売買を経験した方で、この仲介手数料を気持ち良く支払ったという方は、多いか少ないかで言うと、「少ない」と思います。

 

この記事では、土地や建物を購入する際の仲介手数料について、建築士である筆者が、建築業の視点で書いています。

 

自宅の住宅ローンの申込みで、買う側を経験し、身内の家の売買では売る側も経験しています。

 

そして、今あなたが購入しようとしている物件の仲介手数料を、無料または半額、極力少なく出来る方法を紹介しています。

 

そもそも仲介手数料とは

不動産売買で不動産会社の仲介が入っている場合に、不動産会社が売り主または買い主、もしくは両方から取る手数料です。

 

上限が決められており、

 

「物件価格✕3%+6万円」

 

となっています。

 

上限なので、その範囲内であれば不動産会社が自由に手数料を決めれますが、殆どの場合、上限で取引してきます。

 

極稀にほんの僅かな値引きをしてくることもありますが、期待しないほうが良いでしょう。



支払うことを疑問に思った仲介手数料

自宅の住宅ローンの土地の売買の経験から

筆者は自宅を建てるための土地を、物件情報のまとめサイトのようなところで見つけて、その土地を購入しました。

 

これが専門知識のない方が自分で探して見つけた場合も同様、自分で土地を見て回ったか、ネットで見つけたかは関係なく、その物件はあなたが見つけた物件になります。

 

もしこれが、不動産会社に自分の希望の地域で、売地になっていない空き地を持ち主に売買する気がないか聞いて回って、売買したとしたら、不動産会社が見つけてくれた土地になるでしょう。

 

自分で探して見つけた土地は、不動産会社が見つけた土地ではないのです。

 

仲介手数料を支払いたくないと思った理由

住宅ローンの手続きの時は、売り主への土地代金の支払い、司法書士への支払い、建築会社への中間金の支払いなど、自分で記入する書類が沢山あります。

 

順番に記入していって、不動産会社の仲介手数料の支払いの書類を書く順番が来た時、手が止まりました。

 

筆者の間隔では、ほぼ何もしてない不動産会社にこんなに手数料を支払うのかと思ったのです。

 

住宅地程度の重要事項説明書など、片手間で出来る程度の内容です。

 

支払わないわけにはいかないので、きちんと支払いましたが、値引き交渉も受け入れられず、渋々当初の金額を支払いました。

 

支払うのは当然ですが、気持ちよく支払えるものではなかったということです。

 

上述したとおり、物件を見て回って見つけたのは自分なので、土地の売買に関して不動産屋がやったことは、サイトへの掲載と売り主との売買日時の調整だけです。



買う側と売る側で解釈が異なる

不動産を買う側は、ネットや自分の足で物件を探せます。

 

しかし売る側としては、自分で購入したい人を探すのは難しいでしょう。

 

筆者は売る側も経験しているので、売るときに不動産会社が見つけた買い主との売買の仲介手数料なら気持ちよく支払えると思います。

 

値引き交渉をする

不動産会社が仲介手数料を値引きしてくることは期待できないでしょうが、無理を承知で交渉してみるのも有りだと思います。

 

数千円か数百円の端数でも良いので、値引きしてくれたらラッキーなくらいで聞いてみましょう。



仲介手数料が「最大無料」に」なるかも!?

関東圏で新築戸建て、中古マンションの売買の時の仲介手数料が最大無料になります。

 

値引き交渉もしてくれるので、忙しいあなたに変わって購入したい土地の価格交渉をやってくれます。

 

不動産会社が取る仲介手数料から、売主側から仲介手数料を取れる場合に物件を購入するあなたの仲介手数料は「無料」になります。

 

更に物件の価格交渉で価格が下がった場合は連動して仲介手数料も安くなるので、お得が更に増える仕組みです。

 

同じく売り主からのみ仲介手数料を取ることで、購入する側の仲介手数料が無料になります。

 

当サイト以外で見つけた物件の取り扱いも可能な場合があるので、問い合わせして見る価値はあります。

 

浮いた仲介手数料の使いみち

家の資金に回す

あなたが土地を購入する時の仲介手数料を安く出来た時に、建築士として家の資金に回すなら下記のようなものに回すことをオススメします。

 

・節水トイレ等、毎月のランニングコストが節約できる商品やオプション
・キッチンの食器洗い機や自動洗浄のレンジフードなど家事の負担が減るもの
・ガスオーブンなど、毎日の生活が豊かになるもの
・カーポートを建てて、除雪の負担を軽減
上記は数十万円から100万円以下できるものです。
浮いた仲介手数料をそのまま使える範囲の金額のものもあります。
せっかくお金を掛けるなら、見た目だけが変わるものより、あなたの生活が変わるものにお金を掛けてほしいと思います。↓

節約

浮いたお金を使わずに新築のトータルコストを減らすのも勿論良いことでしょう。

 

毎月の住宅ローンの負担が少なくなります。

 

節約ともう一つ、お金で毎日の生活の安心を手に入れるのもおすすめです。

 

筆者は自宅で「セコム・ホームセキュリティ」を契約しています。

 

下記記事で「セコム・ホームセキュリティ」のある生活をまとめています。↓

セコムホームセキュリティーがある暮らしを6つの項目で解説
自宅を新築した時、防犯のために契約した「セコム ホームセキュリティ」。 毎日の暮らしに安心と安全を与えてくれます。 この記事ではこれから自宅にホームセキュリティーを導入したいというあなたに向けて下記の内容...

コメント